0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)

仕立て(仕立て直し/洗い張り/部分直し)

仕立て一筋30年の職人が、竹の足りない着物もピッタリサイズに仕立て直します。

着物を仕立て直したお客様の声

神奈川県 匿名希望
『コートはまるで魔法にかかったかのように生き返り、新品のようです』
東京都 匿名希望
『「一を聞いて十を知る」スマートな対応で、とても安心できる印象を受けました』
神奈川県 岡本様
「袖もちょうどよく詰められて、色もより鮮やかになって届き感動しました」

仕立て直し

元々は全く同じ反物でも、仕立てを行う職人によって、着心地は驚くほど変わります。
当店で着物を仕立てたお客様からは「見た目は他の着物と同じなのに、なぜか着心地が良い」とのお声をいただいております。

当店には、専属の仕立て職人が6人います。
茨城県・兵庫県・東京都の職人で、その中の5名は30年以上のキャリアがあります

昔から茨城は仕立ての仕事が盛んな地域で(養蚕農家が多かったから)多くの仕立て職人がいました。ところが、時代の流れと共に着物の仕立てがシステム化され、ハイテクミシンやベトナムでの海外縫製(安価)が多くなってしまい、茨城の仕立て職人は仕事の激減によって廃業する方が続出しました。

そんな時代の中でも、仕立ての依頼が絶え間なくきていた優秀な職人がいたのですが、それが現在の弊社専属の4人の職人です。

仕立てる職人によって、特に違いが出るのは次のような部分です。

糸目が程よい力加減

着物には、きつすぎず、ゆるすぎない程よい糸目の力加減があります。
糸目の力加減によって着物の着心地がかわってくるのです。糸目の力加減を調節する技術は経験によって身につくものです。
30年以上仕立ての経験を積んできた当店専属の職人が仕立てた着物は、見た目は普通の着物のと同じように見えても着心地が良いのです。

着用時見えない部分も丁寧な仕事(縫いこんである部分も工夫されている)

内側に縫いこまれている生地をどう処理するかで大きく違いがでるものです。外から見えないからといって適当な処理をすると着用時にごろついたりします。
見えない部分も丁寧に処理することで着心地に断然差が出るのです。
たとえば、写真の袖丸み部分。丁寧な処理をしているため、段差がなくきれいです。雑な職人が作業したものは、もっと丸みがボコボコしています。アイロンを当てた時など分かりやすいと思います。

丁寧な職人のこだわる部分

裾のおくみの先の部分(褄先)は職人の技術が見て分かる部分です。
写真のようにきれいに仕上げるには経験も必要ですが、職人のこだわる気持ちが最も必要な部分です。
褄先を面倒に思う職人ですと、ペタッとした仕上がりで見た目が貧弱になってしまいます。

着物仕立て直しの流れ

1. 採寸

まずは、採寸を行います。採寸の流れは着物をお預かりする方法によって2種類あります。

■ 集荷、もしくはご来店で、着物をお預かりする場合

その場で当店のスタッフが採寸を行います。
同時に、次の事を確認させていただきます。

  • 長さが足りるか
  • 幅が足りるか
  • 足りない場合、『胴接ぎ』するか
  • 裏地を新しくするか
  • シミがあったときは染み抜きするか
■ 郵送で、着物をお預かりする場合

郵送の場合は、寸法を指定していただくか、寸法見本の着物か長襦袢をご一緒にお送りください。

採寸方法はこちら

2. 検品

着物の検品は着物をほどく前と後の2回行います。
正面からと着物を平行に置いた場合の2方向から次の3項目をチェックします。

  • シミがないか
  • 色焼けがないか
  • スレがないか

※当店は、仕立てだけでなく、着物クリーニングや染み抜きに関しても専門知識と技術があります。
その技術を生かし、生地が傷む原因になる汚れや、今は目立たないけど放っておくと染みになる汚れなど、仕立てだけを行っていたらわからない汚れもチェックすることができます。
何か見つかった場合は直すかどうか、確認のためご連絡をいたします。

3. 洗い張り

洗い張りは、着物を解いて反物の状態に戻し、水と洗剤を使いブラシでジャバジャバ洗います。水と洗剤を使用するため、水性汚れ+油性汚れどちらも落とすことができます。その後、ノリを入れて仕上げます。

▼ 着物をほどいて反物にする

4. 湯のし

テンタという機械で蒸気を当てながら生地幅を揃えます。

5. 仕立て(縫う)

キャリア30年の職人が仕立てます。
当店では、ひとつの着物は全て一人で仕上げています。1人で全て縫うことで、縫う細かさや強さが一定になり、仕上がりがきれいになります。

大きな仕立て屋さんだと海外に出すところや、袖の人は袖だけ縫うなど分業になることが多いようです。
しかし、手作業の場合、どうしても職人さんによってくせがあるので、分業にすると同じ着物でも場所によってくせが違う仕上がりになってしまいます。
また、海外に出すとハイテクミシンという着物を縫うミシンを使う箇所と手縫いでやるところがあるため、これも場所によって違いが出てしまいます。

6. 検品

仕立てあがったら、まずは職人が検品します。その後、別のスタッフが再度検品を行います。

■ 職人の検品項目
  • 針が残っていないか
  • 寸法通りか
  • 裾が袋になっていないか
■ 別のスタッフの検品項目
  • 寸法通りか
  • 汚れが残っていないか

▼針が残っていないか検針器で検品

仕立て直しの料金

小紋36,300円
36,300円
大島・結城等45,100円
色無地38,500円
紋付色無地39,600円
付け下げ41,800円
訪問着45,100円
振袖49,500円
留袖55,000円
長襦袢27,500円
振袖長襦袢29,700円
羽織36,300円
道行コート36,300円
長コート38,500円
道中着36,300円
雨コート36,300円
二部式コート52,800円
リバーシブルコート49,500円
コート変り衿追加7,700円増し
袋帯16,500円
九寸名古屋帯16,500円
八寸名古屋帯16,500円
塩瀬帯・染帯(真綿引き仕立)22,000円
脇縫いつき帯24,200円
作り帯22,000円
男物長着36,300円
男物羽織36,300円
男物大島長着44,000円
男物大島羽織44,000円
男物紋付44,000円
男物紋付羽織44,000円
男物長襦袢26,400円
袴 行灯44,000円
袴 馬乗り46,200円
浴衣27,500円
紗訪問着44,000円
紗あわせ49,500円
半衿付け2,200円
居敷当つけ6,600円

裏地・半衿・帯芯等

正絹半衿3,300円
絽正絹半衿3,300円
三河衿芯550円
えもん抜き550円
正絹衿裏3,850円
正絹居敷当4,950円
八掛26,400円
比翼地25,300円
胴裏A15,400円
胴裏B19,800円
胴裏(長尺)17,600円
振袖用胴裏25,300円
帯芯(袋帯用)4,950円
帯芯(名古屋帯用)4,950円
絹芯13,200円
帯裏地27,500円
羽裏・コート裏17,600円
羽裏・コート裏(柄付き)22,000円
羽裏・コート裏(長)19,800円

子供の着物

被布41,800円
7歳祝着49,500円
3歳祝着46,200円
5歳紋付羽織41,800円
5歳紋付着物46,200円
子供用襦袢22,000円

洗い張り

長年着てきた着物や、丸洗いを繰返した着物は、買った当初に比べると光沢も落ち、少し生地が堅いような風合いになってきます。年月と共に着物が劣化するのは自然なことで、たとえ、一度も着ないで大切に保管してあったとしても劣化してきます。

このように年月とともに劣化した着物に最適なのが、洗い張りです。
洗い張りは、着物を解いて反物の状態に戻し、水と洗剤を使いブラシでジャバジャバ洗います。水と洗剤を使用するため、水性汚れ+油性汚れどちらも落とすことができます。その後、ノリを入れて仕上げます。

一番の利点は、蘇生効果です。特に、絹の着物の良さは、洗い張りをすることによって蘇生します。光沢も生地の風合いも格段によくなり、見た目でも、触ってみてもはっきりわかります。

最近、洗い張りをするお客様が少なくなりました。
確かに、全部解いてから洗い張りという作業をするわけですから、また再度仕立てもしなければならない。お金も時間もかかります。同じ着物を頻繁に着るような時代ではないので、それが当然の反応とも理解できます。

しかし、皆様のお手持ちの着物の中で、古くなった感じがしてもう着れないなと思っている着物でも、洗い張りをした途端着たくなる着物はいくつもあると思います。
洗い張りには必ず仕立て直しが必要になりますので、若い時に着ていた着物を、現在の体型に合う寸法や、娘さんの寸法に仕立て直しをすれば、気にいっていた着物を長く着る事が出来ます。

※当店では「仕立て直し」をご依頼いただいた場合、必ず洗い張りをしています。そのため、洗い張り単品でご依頼される方は少ないのですが、なじみの仕立て屋さんがある場合など、もちろん洗い張り単品でご依頼いただくことが可能です。

洗い張りの流れ

1. 検品後、着物を解きます。(解き代は別途頂戴いたします。)
洗い張りの流れ【1】
2. 端縫い(はぬい)をして表地・胴裏・八掛それぞれ反物状につなげます。
洗い張りの流れ【2】
3. 水の中で洗剤を使いブラシで汚れを落とします。
この時点で、変色以外のチリやホコリ汚れはすべて落ちます。
古い生地に黒ずみが定着している場合や、変色してる場合には染み抜きが必要になります。
4. 石鹸分を完全に洗い流し、のり入れをしてその後自然乾燥させます。
5.乾かしたあと生地のシワを取り幅を整えるため湯のしをします。
6.最後に糸とじをして洗い張りは完了です。
この後着物として着用するには仕立が必要になります。
  • 洗い張りの流れ【6】
  • 洗い張りの流れ【6】

洗い張りの料金

着物表地9,900円
胴裏5,280円
振袖胴裏6,600円
八掛5,280円
振袖表地15,400円
留袖表地15,400円
箔付表地15,400円
刺繍表地15,400円
絞り表地15,400円
比翼地6,600円
襦袢表地8,800円
襦袢裏地5,280円
振袖襦袢表地9,900円
振袖襦袢裏地6,600円
帯表地8,800円
帯裏地7,150円
解き代(袷)3,300円
解き代(単衣)2,750円
解き代(留袖)4,400円
解き代(振袖)4,400円
解き代(羽織)3,300円
解き代(帯)2,750円
解き代(浴衣)2,750円
解き代(襦袢)2,750円
端縫いのみ表地1,650円
端縫いのみ裏地770円

部分直し

当店では、部分的なお直しも可能です。
ここに、記載した以外にも直したい箇所がある場合にはお気軽にご相談ください。

部分直しの料金

袖丈直し(つめる)

袷着物11,000円
単衣着物9,900円
振袖14,300円
留袖18,700円
羽織・コート11,000円
雨コート11,000円
長襦袢9,900円
振袖長襦袢12,100円

袖丈直し(のばす)

袷着物14,300円
単衣着物13,200円
振袖17,600円
留袖20,900円
羽織・コート14,300円
雨コート13,200円
長襦袢13,200円
振袖長襦袢15,500円

※袖丈を「つめる」と「のばす」工賃の違いは、「のばす」場合はもともとの縫い目のすじを消すためのすじ消しが必要です。そのすじ消し代が「のばす」には含まれております。

裄直し(つめる)

袷着物12,100円
単衣着物9,900円
振袖13,200円
留袖15,500円
羽織・コート12,100円
雨コート12,100円
長襦袢8,800円
振袖長襦袢11,000円

裄直し(のばす)

袷着物15,500円
単衣着物13,200円
振袖16,500円
留袖18,700円
羽織・コート15,500円
雨コート15,500円
長襦袢12,100円
振袖長襦袢15,500円

※裄丈を「つめる」と「のばす」工賃の違いは、「のばす」場合はもともとの縫い目のすじを消すためのすじ消しが必要です。そのすじ消し代が「のばす」には含まれております。

身幅直し

袷着物31,900円
単衣着物29,700円
振袖31,900円
留袖41,800円
羽織・コート20,900円
長襦袢16,500円

身丈直し

袷着物33,000円
単衣着物29,700円
振袖33,000円
留袖44,000円
羽織・コート19,800円
長襦袢15,500円

胴裏取替え

袷着物22,000円
振袖30,800円
留袖41,800円
コート26,400円

八掛

八掛つけ直し22,000円
八掛全体取り替え22,000円

袋直し

袷着物26,400円
振袖26,400円
留袖30,800円

子供用着物

肩上げ4,400円
腰上げ6,600円
紐取り付け3,300円

比翼裾あげ

留袖 13,200円

比翼付け

留袖 30,800円

比翼の切り替え・部分取り替え

比翼衿切り替え 13,200円
比翼裾天地切り替え 22,000円
袖部分取り替え(生地代別) 6,600円

衿切り替え

袷着物13,200円
単衣着物11,000円
振袖15,500円
留袖17,600円
長襦袢11,000円

その他

えもん抜き付け1,100円
半衿付け2,200円
袖作り直し22,000円
ほつれの修繕4,400円~

着物のことなら何でも、まずはお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)

着物のことなら何でも、まずはお気軽に
お問い合わせ、ご相談ください。

  • 0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 各種お申し込みフォームはこちら