0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)

呉服店、普通のクリーニング店との違い

当店のような着物クリーニング専門店以外にも、呉服店や、普通のクリーニング店でも着物クリーニングは扱っています。
お客様の立場からすると、どこに預けたらよいのか迷ってしまうと思います。
ここでは、呉服店、普通のクリーニング店、着物クリーニング専門店、に着物を預けた場合の違いをご説明いたします。

呉服店はクリーニングの知識は持っていない

呉服店の本来の仕事は、着物を販売することです。店員さんは、着物や帯についてはよく勉強していてとても詳しいです。
しかし、染み抜きや、洗い方に関して専門的な知識を持っている方は1割もいません。
これは仕方のないことで、呉服屋さんにしてみたら、クリーニングよりも着物を販売した方が売り上げを増やすことができます。クリーニングは、着物を買ってくれた人へのアフターサービス、もしくは集客のための手段という位置づけになります。

では、呉服店に預けた着物は誰がクリーニングするのでしょうか?
大手の場合、社内にクリーニング部門があることもありますが、たいていは下請けの業者にお願いしています。下請けの業者に出していても、その業者がちゃんとしたところなら技術自体は問題ないと思います。
ただし、下請けの業者に出すということは、間に人をはさむことになるので、仲介料が発生して料金が割高になる、時間がかかる、やってほしいことがうまく伝わらない、ということもあるようです。

普通のクリーニング店は洋服が専門

普通のクリーニング店は、洋服のクリーニングが専門です。通常使っている機械や、洗剤も洋服用に作られた物です。
着物と洋服ではクリーニングの方法が違うのですが、着物クリーニングについてはあまり詳しくないお店が多いです。
そのため、洋服のクリーニングと同じやり方で着物を洗ってしまい、生地が縮んでしまったり、樹脂加工がはがれてしまったり、穴があいたりなど事故が良くおきています。事故がおきても、普通のクリーニング店には、それを直す技術もありません。
普通のクリーニング店から戻ってきた着物を、当店にお預けいただく方もよくいらっしゃいます。

店ごとにやり方の違う着物クリーニング専門店

高価な着物や、大切な着物のお手入れは、着物クリーニング専門店に依頼されることをお勧めします。
やはり、専門店は、それなりの知識を持っていますので、普通のクリーニング店のように生地が縮んだり、穴があいたりという事故はおこりにくいです。
また、呉服店のように、下請けの業者をはさまない分、料金が安くなる、余計な時間がかからない、してほしいことが伝わりやすいというメリットもあります。

ただし、持っている知識や技術、機械などはお店ごとに全く違います。そのため、できることもお店ごとに違いますし、仕上がりがきれいなお店も、いまいちなお店もあります。もちろん、料金もお店ごとに全く違います。

では、どのお店に預ければよいのかについては、次にご案内いたしますので、ご参考になさってください。

着物クリーニング店の選び方

大切な着物なら、「着物クリーニングの知識が豊富で技術の高いお店に預けたい」と思われるでしょう。
しかし、いろんなお店のホームページを見ても違いがよくわらないし、店に行って店員さんの対応を見て判断しようと思っても、近所にお店がなかったりすると思います。

ではどうすればよいのでしょうか?

気軽にできる方法として、電話でどのくらい知識がある店かを確認するという方法があります。
コツは専門用語を使って質問することです。

知識のある店なら、専門用語で話をするとある程度詳しいお客さんだと判断し、丁寧に説明をしてくれると思います。
逆に話す内容があいまいだったり、「とりあえず着物持ってきてくれないと答えられない」というような対応であれば実際の作業は下請け業者に出しているのかもしれません。
次にいくつか例を出しますので参考にしてくださいね。

質問1.「丸洗いしてほしいのですが、そちらの店では下洗いはするのですか?」

知識がある人にとってはとても簡単な質問なのですが、呉服業界の人でも知識がない人には本当にわからないのです。わかっているか、怪しかったら即電話を切るべきです。

質問2.「上前に3箇所染みがあるんですけど、いくらかかりますか?」

このような質問をして
「実際に見ないとわかりませんね…」と答えてきたら即電話を切ってしまいましょう。

確かに正確な金額は実際見ないとわかりませんが、実際に染み抜きをする人であれば次のような感じの答えが返ってくるはずです。

「つけたばかりの染みでしたら2~3千円くらいでしょうか。古い染みなど、物によっては薬品を使って落としたり、補正作業も必要になる場合もございます。そうすると一万円以上かかることもございますので先に見積もりをおすすめいたします。」

質問3.「30年位前の古い染みで、黄色くなってるんですけどなんとかなりますか?」

これは、お店の姿勢を尋ねるのにいい質問です。

「古すぎて落ちないでしょう。無理だと思います。」
というような答えが返ってきたら、あまりやる気のある店だとは思えません。
落とせるかもわからないし、その相談に乗るのも面倒なのでしょう。

まともな店なら次のような感じの答えが返ってくるはずです。

「染み抜きで落とせればよいのですが、かなり古いと抜けない場合もございます。その場合は、部分的に色をかけて隠したり、染みの部分を地色ごと色を抜いてしまい補正したり、柄を描いて隠す、金の砂子を散らして柄をつける。というような方法もございますので、一度着物を見せていただけないでしょうか?」

このようにまずは電話で対応をみて、それからお店に行ったり、着物を送ったりすると失敗することはそうそうないと思います。

着物のことなら何でも、まずはお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)

着物のことなら何でも、まずはお気軽に
お問い合わせ、ご相談ください。

  • 0120-123-977 受付時間10:00~18:00(毎日受付)
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 各種お申し込みフォームはこちら